• 2021-05-25

シードル Le Verger de Giverny

ノルマンディー地方、カルヴァドス県を産地とするシードル。 6%。さわやかな酸味と残る苦味。土の感じ。 すっきりした後味のなかに独特の臭み、クセがある(リンゴの芯の部分のような感じか)。 さっぱりしたカマンベール・ド・ノルマンディーも、リンゴらしい甘味 […]

  • 2021-05-23

モンバジャック Château La Rayre, 2016

フランス南西・ベルジュラック地方のモンバジャックは、貴腐ワインで有名。 石灰岩・粘土質の土壌で、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデル、セミヨンなどを栽培。 今日の1本は、95%セミヨン。5% ソーヴィニヨン。 ローブは褐色に近い金色。 アプリコットや […]

  • 2021-05-20

Saint Romain, Domaine Christophe Buisson, 2018

サン・ロマンは、280m~400mとコート・ド・ボーヌの中ももっとも高い標高。土壌は泥灰土石灰。シャルドネに適する。プルミエクリュはなく、A.O.C.は村名A.O.C.サン・ロマンのみ。 今日のワインは、vivinoから。見た目は、グラスの横からみて […]

  • 2021-05-16

Les Jamelles, Syrah, Vallée de la bretonne, 2018

数日前は、オーストラリアのシラーズ(丸みと甘味のある、軽めのタンニン)だったのに対して、今日はフランスの、シラーらしいシラー。 凝縮した果実の香り。最初はさわやかな酸味とともにカシスやドライプルーン、キノコ、バラなどの花、かすかなバニラ、チョコレート […]

  • 2021-05-10

Woods Crampton Shiraz, 2017

口に含んですぐに凝縮されたやさしい甘味がくる。 さほどタニックではなく、スパイシーさもわずかに。ただシラーの原産地、フランスのローヌ地方ほどのスパイシーさではない。 ちなみに、シラーズは赤ワイン用品種においてオーストラリア国内の栽培面積で第1位。 香 […]

  • 2021-05-06

Cuvée Charly Auxey-Duresses “Les Boutonniers” 2016

シャルドネ。ブルゴーニュ、コート・ドゥ・ボーヌのオーセイ・デュレス村。 淡い黄色。 青リンゴ、アスパラガス。熟成香。ミネラル。 スイスのチーズ、グリュイエールと一緒に。 ハードタイプのチーズとシャルドネ、とても合います。

  • 2021-04-25

Irouleguy, Domaine Mourguy “Etxaldea” 2016

今日は、イルレギーの赤。 イルレギー(Irouleguy)は、個人的に好きなカオールも含まれる、南西地方。フランスの最南西端に位置し、バスクの中心で、最もスペインの国境にちかい。 1970年にAOC認定。バイヨンヌも近いので、バルトも飲んでいたかも知 […]

  • 2021-04-09

Pétale de ciste, Château de Stony 2018

Pétale de ciste, Château de Stony 2018 100% Mourvèdre 南仏の暑い日に飲みたい。好きなドメーヌの、爽やかで甘くないロゼ。 甘さはささやかなので、飲み疲れしない。アペリティフに最適。 グレープフルーツ […]

  • 2021-04-02

Chevalière de la variere, Coteaux du Layon=貴腐 AOC, 2018

ロワールを中心にサロンを見ていたときに見つけた、Coteaux du Layon(アンジュー・ソーミュール地区)の作り手のひとつ。 Coteaux du Layonはシュナンブラン(CB)100%。貴腐。 CB、別名ピノー・ド・ラ・ロワール。 香りは […]